fbpx
キャリア

なぜか自分だけ怒られる!その理由と解決策とは

「会社で自分だけ怒られる」「ほかの人もできてないのに、何で自分だけ注意されるの」ということを経験したことはありませんか?

筆者は、新入社員として会社に勤め始めた頃に「ちゃんと仕事をやっているはずなのに、なぜ自分だけ怒られるんだ…!」ということがたくさんありました。怒られる回数が多いより、怒られない方が仕事をやりやすいし、ストレスも減るのでいいですよね!

今回は、自分だけ怒られるという人の特徴や、自分だけ怒られることを解決する方法をご紹介します。

自分だけ怒られる!怒られやすい人の特徴とは

周りが自分と同じことをしていたり、自分より仕事ができていなくても、自分だけが怒られるシチュエーションが増えると「なんで自分ばかり…?」と疑問に思いますよね。

ここでは、怒られやすい人の特徴をご紹介します。自分に当てはまるものは、いくつあるでしょうか?

ミスが多い

自分だけ怒られる理由1つ目は、仕事のミスが多いことが挙げられます。誰でもできる簡単な仕事をミスしてしまったり、簡単なタスクを忘れてしていなかったりするのは、上司から注意される原因となります。

また、ミスが一回だけではなく何回も続いてしまうと、仕事ができない人というレッテルが貼られ、簡単に怒られてしまうことが続くことも。

理不尽なことで怒られるというより、自分のミスを指摘されることが続くなら、どうやったらミスをしなくなるか、効率よく仕事を進められるかを考えて改善していくといいかもしれません。

すぐに謝ってしまう

上司から怒られたり、仕事について詰められたりしたときに「言い合いになることがめんどくさい…」と思って、すぐに謝ってしまうことはありませんか?

すぐに謝ってしまうと、自分が悪いことやミスをしていなくても、自分が悪いことを認めてしまうことになります。

「上司に説明をするのが怖い」「しっかり説明するのがめんどくさい」という理由で、すぐに謝ってしまうと、上司は正しく理解してくれませんよね。

説明したあとに何か言われるんじゃないか…と心配するよりも、上司に自分の思ったことや感じたこと、理由などを、しっかり説明するようにしましょう。

純粋で素直

純粋で素直なのは、すごくいい性格です。しかし理不尽な上司がいる会社では、そのような純粋で素直な方が、標的になることも。

素直な方は、怒られたときに「自分が悪かったのかも」「上司の言い分が正しいのかも」と意見を飲み込んでしまう傾向にあります。もしその状態が続くと、上司の立場からすると「この人に何を言っても、反論はしないだろう」と安心して、言いたいことを理不尽に言いまくってしまうということが発生してしまいます。

しっかりと人の話を聞くこと、指摘されたことは素直に受け入れることは大事ですが、もしそれが理不尽なことだったり「それは違う!」と思ったりするのなら、上司に伝えることが大切。議論ではなくコミュニケーションの一つとして、話すことを意識してみるといいかもしれません。

自我が強い

「自分の意見がある」「自分は将来こうなりたい」「これは間違っている!」など、自分の意見や将来なりたい像、自分のやり方がある方は、会社の上の人たちからターゲットになることがあります。

日本の会社は、まだまだ右にならえ精神が根強いところがたくさん。同じ意見や同じ価値観ではない人は、変わっているひと・仕事ができない人のように考える方もいます。

理不尽な理由で怒られることが増えて、どうにもできない状況だったら、転職する準備を始めることがおすすめです。また自我が強い人は、実は起業することの方が向いていることも。やりたいことがあるなら、起業するか、まずは個人事業主として働くことを視野に入れるといいかもしれません。

フリーランスとして働く!未経験から目指せる職種8選をご紹介昨今、個人で働く人が目立ってきているなか、フリーランスという働き方をする人が増えてきています。そんな様子をみて「わたしもフリーランスとし...

自分だけ怒られるときの改善方法

ここでは、自分だけ怒られることを改善したいときに実践したい、4つの方法をご紹介します。「自分だけ怒られるシチュエーションから脱却したい!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜミスしたのか考える

まず、理不尽な理由で怒られるのではなく、ミスを注意されたり指摘されたりするときに実践したいことについて。

誰でもミスはしますが、簡単なミスや作業化できる仕事をミスするのは、もったいないですよね!怒られたら、(1)なぜミスをしたのか(2)どうやったら改善できるかの2つを考えることがおすすめです。

ミスした原因を知ることで、改善策を生み出すことができて、次回は同じミスはしないようになります。

自信を持って仕事に取り組む

仕事ができる人は、怒られる回数が少ないですよね。上司に仕事ができると思われるには、仕事の質や量も大事ですが、「見え方」も同じくらい大事!

堂々としていると、上司はあなたのことを怒りづらくなる傾向にあります。「失敗したらどうしよう」「怒られたくない」と考えるより、「とりあえず根拠のない自信を持ってみよう」という軽いノリで、堂々とした態度でいることを心がけてみるといいかもしれません。

努力をアピールする

「突き抜けている人は、陰で努力をしている」と言われることがあります。陰で努力することは、起業家やフリーランスなど結果で評価される人たちにとっては必要なことです。しかし会社で働く人にとって、たまには上司が見えるところで努力をアピールすることも大切なこと。

上司も同じ人間なので、感情があります。例えば、仕事のパフォーマンスが同じ2人がいて、Aさんはいつもクールにこなしている印象で、Bさんは一生懸命さが伝わってくるほど努力をしている印象だったら、Bさんの方が人間味があって可愛がりたくなりませんか…?

たまに一生懸命さを見せると、怒られることが減るかもしれません。

キャラづくり

悪いことをしてしまったりミスしたりしたとき、怒られずにむしろ「バカだなぁ」と笑われる人を見たことはありませんか?「得をしているな」「羨ましいな」と思う方は少なくはないと思います。

前にキングコングの西野さんがvoicyで「自分はめったに年下を怒らないが、1度だけ大声で怒ったことがある」と話していることがありました。その内容が、確かに…!と思うことだったのでご紹介します。うる覚えなのですが、内容は下記の通りです。

現場に遅刻してきた年下の子がいて、その子は、上司に遅刻したことを怒られていた様子。みんなの前で、上司から「なぜ遅刻したんだ」とガミガミ怒られていたのをみて、その後キングコング・西野さんは、その子を呼び出しました。そして、西野さんはその子に「なんで、遅刻しても笑って許されるような、キャラづくりをしていないんだ!」と怒ったようです。

普段から意識して怒られないキャラをつくれると、自分だけ怒られることはなくなるかもしれませんね!

まとめ

会社で自分だけ怒られると感じている方に向けて、怒られる人の特徴とその解決策をご紹介しました。もし理不尽に怒られることが多くて、それがストレスになっているようだったら転職することやフリーランスになることを考えてもいいかもしれません。能力は同じでも、環境が違うだけで評価は変わってきます!まずは、今回ご紹介した解決策を参考にしてみてくださいね。

自分の力で稼ぐ!今から身につけたい必要なスキルと稼ぐ方法少子高齢化や国の政策、経済の不況など色んな要因により、これからの日本は富裕層と貧困層の二極化が進んでいくだろうと言われています。 ...


ABOUT ME
Seimu
Seimu
ライフスタイル・ウェブマガジン【BRIGHT SIDE】を運営中!/海外トレンド・ファッション・ビューティー/フリーランスライター・ブロガー