fbpx
キャリア

仕事も恋愛も両立させるための4つのルール

「仕事真っ盛りで恋愛どころじゃないと思いきや、そろそろいい年齢になってきてしまった・・」「恋愛関係がうまくいかないと仕事に支障をきたしてしまう・・」

と仕事と恋愛を両立させることに悩んだことはありませんでしょうか。仕事と恋愛をうまく両立することができれば、より充実した生活が楽しめるでしょう。

今回は、恋愛と仕事をうまく両立させるコツについてお話しします。

仕事と恋愛を両立できない人の特徴

仕事と恋愛を両立できない人の中には2種類のパターンがあります。仕事を恋愛よりも優先してしまうパターンと、その逆のパターン。それぞれについて、なりやすい人の特徴をお話します。

仕事>恋愛になってしまうパターン

物理的に忙しい

キャリアウーマンに多いのが、このタイプ。非常に忙しく昼夜問わず働き、家に帰るのはお風呂と寝るだけの生活・・というような方。物理的に忙しく、恋愛のための時間の余白がないことが挙げられます。たとえ良い出会いがあっても会う時間がなく機会を逃したり、仕事優先になりすぎて喧嘩してしまったりと、物理的に仕事に時間を取りすぎることで恋愛に支障をきたすことがあります。

恋愛にトラウマがある

大失恋や過去の良くなかった恋愛により、恋愛に負のイメージがある場合です。今は恋愛について考えたくないと思うがあまり、仕事に没頭してしまうことがあります。そうした時は無理にどうにかしようとせず、時間が経ち心が癒えるのを待つことが得策でしょう。

恋愛>仕事になってしまうパターン

ガールズトークの中心が恋愛の話であるように、女性は「恋愛も楽しみながら仕事もうまくいく方がより充実できる」と考える方が多いように感じます。次は、「仕事より恋愛」となりやすい方の特徴についてお話します。

感情を引きずりやすい

女性は感情の生き物と言われますが、感情の切り替えがうまくできないと、恋愛と仕事、両方に支障をきたしやすいでしょう。例えば仕事で嫌なことがあり家に帰って彼に当たってしまったり、恋愛で嫌なことがあって仕事でもミスをしてしまったり。感情をコントロールする癖をつけないと、両立に苦しむことになりそうです。

優先順位をつけるのが苦手

同時並行的に何かをこなす上で「優先順位」をつけることはとても大事です。優先順位をつけるのが苦手な方は、恋愛の時間を楽しみすぎて仕事を後回しにしてしまったり、逆も然り。そういった方にはうまく優先順位づけをしていくことが求められます。

仕事に不満がある

最後は、時間や物理的な支障ではなく、気持ちの上での両立ができないパターン。仕事自体が楽しくない、恋愛しているときが唯一現実逃避できるというタイプの方です。嫌々ながら仕事をしてしまっているため、気持ちの上では、仕事をしているときが「我慢」、恋愛をしているときだけが「唯一の楽しい時間」というバランスが取れない状態になってしまいます。

仕事と恋愛を両立させる!参考にしたい4つのルール

ではこうした特徴の人が仕事と恋愛を両立させるためには、どういったことに気をつければ良いのでしょうか。

1.恋愛の時間を意識的に取る

「恋愛より仕事」となりがちな方に多いのが、ついつい恋愛を後回しにしてしまうこと。気づいたら恋愛はしばらくご無沙汰・・という方も少なくありません。

まずは、恋愛の時間を意識的に取り、先に時間を確保しておくことをおすすめします。そして、その時間には極力仕事を入れないというマイルールを設けること。そうすることで恋愛に割く時間が増え、良い循環につながっていきます。

2.全体を俯瞰する

両立ができないと感じる時、恋愛がうまくいっていない、仕事がうまくいっていない、とつい「うまくいっていない」ことにだけ注目しがちです。

どちらかに感情が引っ張られそうな時は「どちらか片方でもうまくいっているだけいい、全体を見よう」と俯瞰してあげると、イライラや不安を持ち込まずに済みます。恋愛か、仕事。どちらかで辛いことがあれば一息ついて、全体に目を向けてみると落ち着けるかもしれません。

3.優先順位付けを癖づける

例えば仕事でも家事でも何でもいいので、「優先順位づけを癖づけること」をおすすめします。付箋にやるべきことを書き出して上から並べる、重要度と緊急度の4つの軸に分けるなど方法は色々とあります。

まずは先に何からとりかかるべきかという思考習慣ができれば、時間をうまく使え、結果として時間の「空き」ができます。そうすると、仕事だけ、恋愛だけに縛られず、両方の時間を楽しむことができるでしょう。

4.目の前のことを楽しみ感謝する

仕事が嫌で楽しめるのは恋愛だけという方は、仕事の時間を楽しむことが両立への第一歩です。「小さなこと」「目の前のこと」を楽しみ、感謝する癖をつけると、仕事も思ったほど悪いものではないことに気づきます。

例えば得意先のお客さんからのメールの返信が早かった、同僚がお土産をくれたなど、どんな些細なことでもOK。少しずつ楽しみや感謝を増やしていくことで、気持ちの上で「仕事=我慢」から「仕事=楽しみ」に変わっていきます。すると仕事も恋愛も充実した生活を送ることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。仕事>恋愛になってしまうパターン、逆に、恋愛>仕事になってしまうパターンをご紹介させていただきました。

もちろん、時には仕事が忙しい時もあれば、恋愛に注力したいときもあるでしょう。そんな時もありながら、仕事も恋愛もうまく両立できるようになると、より充実した人生を送れるでしょう。



ABOUT ME
tae
tae
会社員、物販、コーチングなどで複数のキャッシュポイントを持つパラレルワーカー。/ブログではメインに恋愛をテーマとして、追う恋愛や疲れる恋愛から卒業し、自分らしくいることで愛され豊かになる方法を発信中。